注意点

はじめて車を売却する人にとって、どういった流れで売却が進んでいくのかわかりにくいもの。 一括査定サービスを利用すれば、売却までの流れを丁寧に説明してくれる査定業者を選べるため、そういった不安も少なくて済むかもしれません。

 

ただし、車の売却には、注意点もあります。 ここでは、車の無料査定の際に気をつけなければならない注意点を解説します。

 

リサイクル料金

「リサイクル券(預託証明書)」を買い取る費用が査定額に含まれているかどうかが重要なポイントになります。

買取業者によっては、査定額に含まれているかどうか違っている場合があるので注意するようにしましょう。

たいていの場合は、リサイクル料金を含んだコミコミの金額を提示してくるはずです。

 

ただ、リサイクル料金を含むか含まないかの条件をそろえた金額で査定額を比較しないと、どの査定業者からの提示額がもっとも条件に合っているのか、判断を間違えてしまうことになります。

そのため、査定業者から査定額の提示を受ける際は、必ず「リサイクル料金は含まれていますか?」と質問するようにしましょう。

 

自動車税の残月分

毎年春ごろに納付書が送られてくる「自動車税」。 支払の際に納めている金額は、「その年の4月1日から翌年3月31日」の分の総額となります。 そのため、年度の途中で自動車を売却する場合には、残りの月割分を受け取ることが可能なのです。 この自動車税の残月分が、査定額に含まれているかどうかも重要なチェックポイントになります。

 

なぜなら、自動車税の残月分を、査定額に含めるか含めないかは、査定業者によってバラバラだからです。 リサイクル料金と同様、査定額の提示額を受ける際は、必ず「自動車税の残月分は含まれていますか?」と質問するようにしましょう。

 

こういったように、車の売却の際は、注意点がいくつかあります。 そのため、一括査定サービスを利用して、査定業者を選定する際は、あなたと 相性の良い業者を選ぶことも重要なポイントなのです。

 

売却時のトラブルにつながってしまわないよう、できるだけ親切に対応してくれる業者に依頼をすることが重要です。 一括査定サービスなら、査定額の比較・検討だけでなく、査定業者のサービスの比較・検討もできます。

あなたの愛車がより高額の査定を受け、トラブルのない売却が実現できるよう、慎重に売却を進めていきましょう。